当院は補聴器医療に積極的に取り組んでいます


 難聴(聞こえの悪化)と補聴器について

耳の聞こえが悪くなると、言葉が聞きとりづらくなったり、物音が遠く聞こえてきます。
 まず、耳鼻科を受診してきちんと原因を調べましょう。治る病気はしっかり治療して聞こえを回復させましょう。
 けれども中には回復の難しい難聴もあります。その場合には補聴器で聞こえの不自由を改善できます。目が見えづらくなったら眼科で診察を受けて眼鏡やコンタクトレンズで矯正します。耳も同じです。補聴器を積極的に使うことで聞こえの不自由はずっと解消されるはずです。


 補聴器は一人一人の耳に合わせて

「補聴器を買ってもらったけれど、うるさくてそのままタンスにしまってある」
残念なことですがよく聞く話です。他人の眼鏡をかけてもよく見えないのと同じで、補聴器は使う人の耳に合うように調整しないとよく聞こえません。そのためには調整のための技術と設備が必要不可欠です。


 補聴器医療

当院では補聴器の適正な使用により難聴の方の不自由を解消できるように、補聴器適合判定検査を健康保険で行える近隣では唯一の施設として、補聴器医療に責任を持って取り組んでいます。補聴器の要否、機種の選択、業者の紹介、試用後の調整など補聴器のご相談を随時受け付けております。また身体障害(聴覚障害)認定診断および補聴器の交付修理の意見書作成も行っております。


 

 補聴器相談の実際
当院での補聴器相談の実際の手順について詳しく説明します


HOME建物のご案内交通のご案内診療スタッフ診療設備のご案内診療方針補聴器鼻炎のアレルゲン免疫療法